ワンピースカードシャンクスなぜ高い?値段20万円の理由は?

ワンピースカードのトップレアである、シャンクスの価値について現在大きな話題になっています。

そのシャンクスが当たるパックは、「ロマンスドーン」といい、現在はボックス買いすることも難しいほどの人気を誇っています。

ネット上では、ワンピースカードのシャンクスがなぜ高いのか気になっている方が多いようです。

値段が20万円にもなる事があるようですが、その理由としては一体何なんでしょうか。

そこで今回は、「ワンピースカードシャンクスなぜ高い?値段20万円の理由は?」と題して記事をまとめていきます。

 

ワンピースカードシャンクスなぜ高い?

まずはじめに、ワンピースカードのシャンクスがなぜ高いのか?詳しく調査をしていきます。

この理由に関しては、現在公開中の映画、「ONEPIECE  FILM RED」も大きく関係しているでしょう。

映画のタイトルである、REDは赤髪のシャンクスや、その娘であるウタのことも表していると思われます。

映画の内容的にもシャンクスは鍵を握っており、これから最終章へ突入していく原作でもシャンクスは必ず出てくるからです。

主人公である麦わらのルフィの命の恩人であり、ルフィを海賊に導いた男こそが、なにをかくそうこのシャンクスです。

ビジュアルも良いことからワンピースファンの中でもとても人気なキャラクターのため、そこも大きいでしょう。

そして、ロマンスドーンで当たるカードの中でシークレットになっており、他のカードと仕様が全く違う事が高い価値となった一番の理由でしょう。

次の見出しでは、ワンピースカードでシャンクスが値段20万円となった理由についても詳しく調査をしていきます。

>>シャンクスの封入率や確率はこちらをチェック!

 

ワンピースカードシャンクス値段20万円の理由は?

ここからは、シャンクスのカードが20万円もの値段がする理由を調査していきます。

調べていくと、シャンクスのカードにはシークレットパラレルとスーパーパラレルの2種類があることがわかりました。

20万円もの値段が付いているシークレットパラレルには、漫画の名シーンが描かれており、ファンであればのどから手が出るほど欲しい一枚でしょう。

価値がこれだけ高い理由としては、20カートン買っても出ないことがあるほどの封入率だからのようです。

ちなみにですが、20カートンだと100万円近くかかることがわかるため、かなりのリスクを背負う事になります。

ちなみに、ロマンスドーンの詳細はこの様になっています。

  • 商品名
  • ブースターパック ROMANCE DAWN
  • 価格
  • 1パック(6枚入り):198円(税込)1BOX(24パック入り):4,752円(税込)
  • レアリティ
  • リーダーカード:8種
  • コモン:45種
  • アンコモン:30種
  • レア:26種
  • スーパーレア:10種
  • シークレットレア:2種

そのため、20万出して自引きをする確率よりも一枚を確実に買う方が安いため、これほどの価値が付いているのだと思われます。

一方で現在は一枚辺りの価格がだいぶ下がっているため、どうしても欲しいという方は今が買い時かもしれませんね。

カードゲーム内で実際に使うという方よりかは、コレクションにする方が多いと思うため、いつまた価値が上がってくるかわかりません。

>>ワンピースカードの再販情報はこちら!

>>ワンピースカード頂上決戦の予約情報はこちら!

ワンピースカード海軍の予約情報はこちら!

 

シャンクスはなぜ人気なのか?

ワンピースに出てくるキャラクターの中でも赤髪海賊団の大頭、そして四皇として、頂上戦争を止めるほどの権力を持っているシャンクス。

かつては海賊王「ゴール・D・ロジャー」の元でクルーとして共に航海をし、そのロジャーから麦わら帽子を託されています。

その後、フーシャ村を拠点に旅を続けていたところルフィに出会い、麦わら帽子を託したシーンはワンピースカードゲームにも描かれています。

映画「ONE PIECE FILM RED」というタイトルのロゴもシャンクスの片目をイメージして描かれており、公開前から注目されていました。

映画連動企画で赤髪のシャンクスの特番が組まれるなど、今後のストーリーにも大きく関わってくる最重要人物だという事がわかります。

まとめ

今回は、「ワンピースカードシャンクスなぜ高い?値段20万円の理由は?」と題して記事をまとめていきます。

漫画やアニメ、映画でも人気爆発中のワンピースですが、カードに関しても注目されている事がわかりました。

この時期では、そんなワンピースカードの中でもトップレアと言われる価値のシャンクスのカードがなぜ高いかについて調査をしていきました。

結果としては、キャラクター人気や映画関連ということもあり、価値が上がっているという事がわかりました。

カードの仕様も他のカードと比べると豪華になっており、カードをやっていない人でもコレクションとして持っていたいくらいのようです。

値段が20万円もの価値まで上がっている理由についても、封入率が大きく関係しているのでは?という事がわかりました。

20カートン、金額にして100万円弱ほど使っても自引きすることが出来るかわからないほどの確立のため、20万でもおかしくはないのかもしれません。

現在はレートも落ち着いており、シャンクスのカードも状態を気にしなければ、20万円より安く買えることがわかりました。

ワンピースカードに関しては、まだまだ出ていないキャラクターもたくさんいるため、今後はもっと盛り上がっていくのではないでしょうか。

また新しいブースターパックが発売したり、物凄い価値のカードが出てくることがあれば、その際は記事を書いていこうと思います。

>>ananでのワンピース(シャンクス)特集はこちらをチェック!