名古屋市昭和区小学校顔面骨折どこ?救急車を呼ばなかった理由は?

2022年7月5日、名古屋市昭和区の小学校で5年生の男子児童が、顔面骨折したという事故が報じられて話題となっています。

今回報じられた名古屋市の小学校では男子児童が5年生の男子児童が友達をおぶって遊んでいたところ、つまずいて転倒し顔面を強打。

その結果大けがをしたにも関わらず救急車を呼ばず、駆けつけた母親が119番通報をしたというのです。

男子児童は目がぼやけていて嘔吐もし、顔面は骨折して大怪我を負うなど大けがをしたものの、学校側は救急車を呼ばなかったというのです。

母親が迎えに行った時には、男子児童は顔が真っ青だったこともわかっています。

男子児童は、搬送された病院で緊急手術を受け、現在も入院しているなど重傷です。

一体、今回報じられた名古屋市昭和区の小学校で救急車を呼ばなかったのはどこなのでしょうか。

また、顔面骨折した男子児童がいたにも関わらず救急車を呼ばなかったのはなぜなのでしょうか。

そこでこの記事では、「名古屋市昭和区小学校顔面骨折どこ?救急車を呼ばなかった理由は?」と題してまとめていきます。

 

名古屋市昭和区小学校顔面骨折どこ?

今回報じられた、名古屋市昭和区の小学校で顔面骨折したという児童が通っているのはどこなのでしょうか。

各報道を確認してみましたが、学校名については公表されていません。

しかし、報道では問題のあった学校とみられる外観が映し出されています。

当サイトの調査でも昭和区の小学校は11校あることがわかりました。

その中で、報道で映し出された小学校と似た外観の学校を見つけることができました。

また、Twitter上ではこの小学校についてある学校の名前が出ていました。

ただ、客観的に問題のあった学校であるという情報はわからないため、この記事中ではどこの小学校かという詳しい情報は控えさせていただきます。

今後、新しい情報が分かりましたら追記します。

 

名古屋市昭和区小学校救急車を呼ばなかった理由は?

名古屋市昭和区の小学校では、男子児童が大けがをしたにもかかわらず、救急車を呼ばなかったというのです。

母親の話では迎えに行った時に男子児童は顔が真っ青だったことがわかっています。

そのような重大な事故があったにも関わらず救急車を呼ばなかったという学校側の認識が理解に苦しみますね。

この事件を知った親の間では、このような学校には絶対通わせたくないといった声が相次いでおり、学校の対応に対して不信を持たれていることは間違いないでしょう。

小学生がふざけあうなど学校で遊んでいたら、ケガをすることもあるでしょう。

ただ、重傷を負っているにも関わらず救急車を呼ばなかった学校側の対応は非難されても仕方のないことだと思います。

名古屋市教育委員会が今後、学校から詳細を聞き取りするということなので、状況がわかってくるかもしれません。

新しい情報が入り次第改めて掲載します。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では、「名古屋市昭和区小学校顔面骨折どこ?救急車を呼ばなかった理由は?」というタイトルでまとめてきました。

2022年7月5日、名古屋市昭和区の小学校で5年生の男子児童が、顔面骨折したという事故が報じられて注目されています。

報じられた名古屋市の小学校では男子児童が5年生の男子児童が友達をおぶって遊んでいたところ、つまずいて転倒し顔面を強打したといいます。

大けがをしたにも関わらず救急車を呼ばず、駆けつけた母親が119番通報をしたというのは信じられないですよね。

重傷を負った男子児童は、搬送された病院で緊急手術を受け、現在も入院しているといいます。

今回報じられた名古屋市昭和区の小学校で救急車を呼ばなかったのはどこなのかを調べてみましたが、学校名については詳しくわかっていません。

しかし、SNSではある学校名もあげられていました。

また、顔面骨折した男子児童がいたにも関わらず救急車を呼ばなかったのがなぜかを調べてみましたが、詳しい理由はわかりませんでした。