池内力久のインスタは?会社はどこかも調査!

7月14日に、滋賀県大津市にある新名神高速道路に関する工事現場で、建設の作業にあたっていた男性が亡くなった事故が話題となっています。

問題となった工事現場では、工事関係者が消防に対して鉄筋に人が挟まれているという通報をしたといいます。

情報を総合すると、事故のあった現場では橋脚を建てるために掘った15メートルほど深さのある穴に鉄骨を組む作業をしていたといいます。

鉄骨のうちの約10本が落下したとみられています。

落下した鉄骨は1本の重さが約400キロあることがわかっています。

事故で亡くなったのは19歳の池内力久さんで、穴の底で作業をしていました。

働いているのは愛知県の建設会社社員であると報じられています。

この事故で亡くなった池内力久さんは19歳という年齢ですが、インスタはやっているのでしょうか。

また、勤務先の会社はどこなのでしょうか。

そこで、「池内力久のインスタは?会社はどこかも調査!」というタイトルでまとめていきます。

 

池内力久のインスタは?

今回の事故で亡くなった池内力久さんのインスタグラムはあるのでしょうか。

こちらの方で、本人のインスタアカウントを探してみました。

しかし、「池内力久」で検索してみましたが同姓同名のアカウントは見つかっていません。

ただ、19歳という年齢を考えるとインスタを利用していたのはほぼ確実だと思われます。

もしかしたら、本名ではない名前で利用していたのかもしれません。

今のところ池内力久さんのインスタアカウントは見つかっていませんが、注目されている事故なので今後続報が出るかもしれません。

新しい情報が入り次第改めて掲載します。

 

池内力久の会社はどこ?

それでは続いて、池内力久さんが働いていた会社について調べてみたいと思います。

池内力久さんが働いていたのは愛知県の建設会社であると報じられています。

事故が起きた場所は滋賀県大津市大石東の新名神高速道路の延伸工事の現場であったことがわかっていあmす。

池内さんについてわかっていることとして、住所は愛知県岩倉市であることが挙げられます。

報道では池内さんは下請け会社の社員であるとも報じられており、池内さんが働いていた会社は愛知県の会社なのではないかと推測されます。

おそらく池内さんの自宅近くにある建設会社なのではないかと推測できますが、近隣にはいくつか建設会社があるためどの会社で働いていたのかということは特定することは困難です。

過去に行っていた高速道路関連の工事を調べてみたところ、大阪にある会社なども滋賀県大津市で建設現場を担っていたこともあるようです。

このことから、池内さんが働いていた会社が愛知県であり、滋賀県大津市で建設作業をしていたとしても不自然はないです。

 

池内力久の会社は下請け企業?

上記のように池内さんが働いている会社名については公表されていませんが、横浜に存在している建設コンサルタント会社が実績一覧表を公開していました。

その資料を見ると、今回事故のあった現場と同じ画像が掲載されていることがわかりました。

掲載されている現場の施工期間は明示されていないものの、記載のある地名が今回事故が発生した場所の近くだとも見て取れます。

新名神高速道路の滋賀県地域の一部で、土工工事・橋梁下部工工事を担当しているといった記載もみられることから、施工会社なのではないかと考えることができますが、現時点では特定できないのでここでは断定を控えさせていただきます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

この記事では、「池内力久のインスタは?会社はどこかも調査!」という題名でまとめてきました。

7月14日に発生した、滋賀県大津市にある新名神高速道路に関する工事現場で男性が亡くなった事故が話題となっています。

事故のあった現場では橋脚を建てるために掘った15メートルほの穴に鉄骨を組む作業をしていたことがわかっています。

鉄骨のうちの約10本が落下したとみられていて、落ちた鉄骨は1本約400キロもの重さがあることがわかりました。

事故で亡くなったのは19歳の池内力久さんで、穴の底で作業をしていたところ事故にあったようです。

働いているのは愛知県の建設会社社員であると報じられており、どこの会社なのか気になる人は多いようです。

しかし、勤務先の会社はどこなのかはわかりませんでした。

また、池内さんはインスタはやっているのかも気になりますが、現時点では特定されていません。、