2018年5月号

2018年5月号

第329号 2018.03.20発行

M☆S 巻頭スペシャルインタビュー
山内惠介
国民的ヒットを目指し、タフに攻める “演歌界の貴公子”
「新・演歌人物伝~Future~」市川由紀乃
大好きな歌を歌うと家族も幸せになる。歌ってすばらしい!
「M★Sスペシャルインタビュー」丘みどり
「丘みどりにしかできないこと」を何かひとつでも見つけたい
イベント・ウォッチングSPECIAL
第2回 月刊ミュージック★スター 歌謡大賞2018
M★Sスペシャルインタビュー
水森かおり/竹島 宏/大江 裕

新曲楽譜32曲(イントロ付き楽譜7曲)

『演歌人生(平成版)』/冠二郎『恋町カウンター』/竹島宏『さらせ冬の嵐』/山内惠介『大樹のように』/大江裕『つくづく一途』/中条きよし『鳰の湖(におのうみ)』/丘みどり『水に咲く花・支笏湖へ』/水森かおり『天草情歌』/天草二郎『有明月夜(づきよ)』/水田竜子『十六夜月(いざよいづき)の女恋歌』/竹村こずえ『伊那のふる里』/丘みどり『男うた』/吉幾三『おにぎり』/Nobby『面影今いずこ』/三丘翔太『俺を咲かせてくれた花』/黒川英二『河内のからくち』/浅田あつこ『最後だとわかっていたなら』/クミコ『最終便』/平浩二『佐渡の鬼太鼓』/岩佐美咲『津軽おとこ節』/北山たけし『冬酒場』/北野まち子『美唄(びばい)の風』/真木柚布子『夕陽川』/新川めぐみ『紅殻(べんがら)情話』/山口瑠美『帰ろう…帰ろう…』/髙城靖雄『がんこ船』/竹内誠『ほほえみをありがとう』/ジュディ・オング『柔道(やわらみち)』/氷川きよし『恋次郎旅姿』/氷川きよし『俺ら江戸っ子 浅太郎』/氷川きよし

編集長からのメッセージ

 本誌で長年連載を続けてくださっている美川憲一さんが、階段で転倒、左足首骨折で緊急手術を受け、全治2ヵ月という診断。この情報を事務所からいち早く聞いて、すぐに病院にお見舞いに行こうとしたら、3日後にはもう退院するから大丈夫という。でも、全身麻酔が切れたときは相当痛がっていたというので、心配でいてもたってもいられなかったのですが、今号の連載によると、美川さんは精神力で痛みと闘ったと言います。足を引きずりながら、車椅子で仕事場に向かうその強い責任感とパワーには心から脱帽です。
 先日電話で、「とにかく、無理はしないでくださいね。20代、30代の若者ならわかるけど、もうお歳なんだから!」と私が言うと、美川さんは「あら、失礼ね!おだまり!」と笑っていましたが、言いたいことが言えるのは、美川さんとはもう40年来の仲だから。「あんたは私の妹、戦友よ」という言葉に甘えています。昔は20代と30代で若かった。美川さんにはまだまだお元気で活躍していただき、芸能界のご意見番として目を光らせていただきたいと思います!