2017年4月号

2017年4月号

第316号 2017.02.21発行

M☆S 巻頭スペシャルインタビュー
巻頭グラビア三山ひろし
涙もろいがやることは絶対やる! それが南国土佐の男の流儀
【SPECIAL ISSUE 1】演歌&歌謡ガールズ! 才色兼備~女子力満開の9人~
・西田あい・中里亜美・岩佐美咲・みやさと奏・杜このみ・水城なつみ・工藤あやの・津吹みゆ・羽山みずき
【SPECIAL ISSUE 2】魅惑の「ムード歌謡の世界」大特集
・タブレット純が語る七色のコーラスが街を色づけた時代・時代を彩ったムード歌謡グループ10 選など
【今月のレジェンド】加藤登紀子
53年間、何をやっても歌より面白いことはありませんでした
【好評連載】福田こうへいの今日も明日も「おかげさま」
【好評連載】はやぶさの「はや部日誌」
【好評連載】林部智史の「あいたい」
【好評連載】おりも政夫の「フォーリーブス物語」
【緊急特別企画・作家訪問SPECIALインタビュー】
大下英治が語る“藤圭子と宇多田ヒカル”

新曲楽譜30曲

「あやめ雨情」/三山ひろし「お岩木山」/三山ひろし「四万十川」/三山ひろし「人恋酒場」/三山ひろし「愛でしばりたい」/純烈「霧子のタンゴ」/フランク永井「わたし祈ってます」/敏いとうとハッピー& ブルー「愛する人はお前だけ」/谷口修三「赤い橋」/塩乃華織「熱海あたりで」/小沢あきこ「ありがとう~ふるさと」/対馬一誠「ORDINARY ~冬の午後~」/石井聖子「オホーツク海岸」/川野夏美「想い出酒場」/山口瑠美「女の日本海」/西方裕之「女の花舞台」/石原詢子「風のようなひと」/チェウニ「この愛よ、いつまでも」/南部なおと&紫吹淳「人生花暦」/鳥羽一郎「せつな川」/篁(たかむら)紗をり「終(つい)の恋歌」/山口ひろみ「デラシネ~根無し草~」/門戸竜二「十勝厳冬」/松原のぶえ「流れて津軽」/桂竜士「横濱(ハマ)のブルース」/北川大介「ふるさと館山」/永井みゆき「紅(べに)ひとり」/大月みやこ「みちのくランプの宿」/佐々木新一「燃える赤ヘル僕らのカープ」/加納ひろし「哀愁ドラマ」/響悦子

編集長からのメッセージ

今号でご登壇いただいた作家の大下英治先生とは35年来のお付き合い。尊敬する方のお一人です。今まさに再ブレイク中の宇多田ヒカルさんと、母親の藤圭子さんについて語っていただきましたが、私も藤さんの取材を何度かさせていただいており、興味深く、先生の素晴らしい慧眼に敬服しました。
 初めて藤さんに会ったのは40年前。赤坂見附のホテルの喫茶室に育ての親の石坂まさを先生と現れた彼女は、まるで日本人形のように美しく可憐で、目を見張りました。大下先生が語られたように、暗い歌のイメージとは相反して、質問にハッキリと答え、ケラケラとよく笑う明るい人でした。その彼女が歳月を経て、宇多田ヒカルという宝を世に送り出し、やがて、2013年8月22日に飛び降り自殺という悲しい人生の幕引きをしました。翌23日は、同年3月9日に亡くなられた石坂先生の偲ぶ会を執り行なう予定になっており、その衝撃的なニュースに参列者は「先生が一緒に天国に連れて行ったんだね…」と呟いていたのを思い出します。稀代の母を超える娘の前途を見守り続けたいと思います。